--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや試乗。

2010年11月28日 14:31

こんにちは、毎週日曜担当のGOです。

先週はお休みを頂き、相模湖プレジャーフォレストで開催された秋の相模湖MTBフェスティバルに参加してきました。

このイベントは試乗あり、レースありのMTB乗りとしてはかなり楽しめるイベントで実際にオフロードのコースで最新のMTBに乗る事が出来ました。

もちろんメインで試乗していくのはマイフリーク29er!!

特にフルサスの29erに乗るべくまずはジャイアントさんへ。

__ 1

ジャイアントではニューモデルでクロカン系フルサスのアンセム29erが今年よりラインアップされています。

コスパ最高のジャイアントさんの29erはというと

今までの程よく動くマエストロリンクと29erのコンビネーションはかなり走れる、前に進むバイクという感じです。

もう一台のフルサス29erで気になったのがGTのフルサス29er。

こちらもメーカー独自のI-Driveというリンクシステムでキックバックが少ない事で有名。

かなりラグジュアリーな乗り心地です。どかどか障害物を踏みつけていく感じ。でもよく前に進むという異次元の乗り味です。

次はキャノンデールさんのブースへ。

__ 2

キャノンデールでもハードテール29erを出していて、

先ほどのジャイアントブースの写真でも写っていますが、気になってはいたのですがなかなか乗る機会がありませんでした。

僕と同じフルカーボンフレームでレフティーというハイテクな仕様なのですがこれがまさにレースバイクという進み具合!!

のぼりでもリアが適度にしなってぐいぐい登っていきます。

そんなキャノンデールで卑怯なバイクを乗ってきました(笑)

__ 3

キャノンデールのリアルレーシングモデルのスカルペル。

こちらはリアをしならせてサスユニットを動かすというシステムで大変軽量なのです。

そんなフレームに最高峰コンポのX.Xやカーボンリムのホイールなどこの上ない装備。

価格もびっくり¥1,140,000です...

しかしその位の価値はあると思います!!

こんなモデルまで乗れてレースもできる秋さが。かなり楽しめました。

ここで今日のブログは終わり。また来週も宜しくお願いします。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。