--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金のギア比

2010年12月19日 18:03

こんにちは、毎週日曜担当のGOです。

前回SS(シングルスピード)のマウンテンバイクについての記事を書きましたが、その計画は着々と進んでいましてあとはホイールとタイヤを残すのみ!!(一番重要なところが残ってますね...)

そんな中シングルスピードの自転車(一般車含む)の肝となるのがギア比の問題。

ちなみにごく一般的なママチャリと呼ばれるのもののギア比は、

前 33t
後 14t

といったところなのでギア比は2.35となりますね。

このあたりの数値は一般車系では黄金のギア比と呼ばれているそうです(笑)

ココまでは街乗りでの話でして、ココからは山などでの話になります。

僕の知っている方達のシングルスピードマウンテンのギア比は、

前 32t
後 20t

といったところでギア比は1.6となります。

IMG_2058.jpg
これが32t装着したクランクです。

これは平均値らしくものすごい健脚を持った方たちは、

前 32t
後 18t

らしくギア比は1.778となります。

数字上ではあまり変わらない気もしますが、スポーツ車特にMTBに乗った事ある方なら大きな差を感じられると思います。

登れる坂のレベルが二つは違くなると思います。

まぁスピード重視ではなく軽めのギア比だと、

前 32t
後 22tまたは21t

などの選択肢も有りますが丁数が奇数になるとギアの噛み合せが悪くなったりするそうです。(一般車は例外です)


そこで考えて個人的理想ギア比は、

前 34t
後 20t

位がいいかなと思ったり。ギア比は1.7となります。ちょうど前出の例の間といったところですかね。


そんなシングルスピード。意外と面白いかもしれませんよ~練習にもなりますし。

今までは変速機任せでガシガシ行っていたところもリズムに乗って上手く漕いでいかないと途中で登れなくなったり。

そんなシングルスピードMTB。組み上げるには一つ問題点が...そうチェーンのテンションです。

チェーンテンションを張るにはホイールを後ろに引けるストレートエンドやエキセントリックBBなどフレームの構造でチェーンのテンションを張る事ができるならそれに越した事はありませんがまだ少数派。

ほとんどがフレーム軸受け部分が下を向いているドロップエンドだと思います。

そこできっちりテンションを張る事のできるチェーンテンショナーといわれるパーツも有ります。

あとはリアのハブにスペーサーを挟みコグを取りつけなければなりません。

こういったシングル化に不可欠なキットは当店在庫しておりますので気軽にお声かけ下さい!!

SANY0017.jpg

来週あたりには又新しい事が書けると思いますので宜しくお願いします。

それでは今週のブログはココまで。

又来週も宜しくお願いします。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jiggyarea.blog103.fc2.com/tb.php/314-ba889707
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。