--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える

2011年10月20日 00:56

DSC00758_convert_20111020005236.jpg

今日は、寒い…
いやこれが、本来の秋の寒さかな?
なんて思いもしますが。
さて、今日の話題というか
ニュースにもなってた自転車ニュースと言えば
やっぱりこれ


自転車:歩道走行禁止、厳格運用…警視庁が安全対策策定へ

警視庁は、自転車の車道左側走行の原則を順守させ、これまで積極的に摘発していなかった歩道走行の取り締まりを徹底する方針を固めた。
そのうえで自転車のルール順守や走行環境の整備なども盛り込み、全国の警察本部で初となる包括的な自転車安全対策の策定作業に入った。
東日本大震災以降、通勤・通学に自転車を利用する人が増え、交通事故全体に占める自転車事故の割合も増加。
警視庁は「マナーを守れば防げる事故は多い」と意識向上による事故減を目指す。

◇震災後に事故急増
警視庁は自転車ブームが高まった数年前から摘発強化に乗り出している。
昨年の取り締まり件数は信号無視が300件(前年比189件増)、ブレーキのない
競技用自転車「ピスト」など制動装置不良が661件(同659件増)に上り、
今年はさらに昨年を上回るペースだという。

一方、歩道での高速走行や一時停止違反の摘発はほとんどなく、警視庁幹部は
「黙認と受け取られても仕方がない側面もあった」と話す。

今後は道路交通法の規定通り、子供や高齢者らを除き車道の左側を走るよう促し、
走行可能な歩道を走る場合も安全徹底を求める方針とみられる。



この問題、ずっと前からあるのですが
難しいですよね。
個人的には確かにノーブレーキ問題もそうですが、スポーツ自転車MTB、ROADバイク
問わず、やっぱり一般車に比べスピードも出やすく歩道を走行するのは危ない…
というより帰って走り難いので車道走行の方が良いと思いますが、正直
車道は怖いというのも事実です。
というのも、特に東京などの都会は路上駐車やバス。そしてタクシーなどが
お客さんの乗車などで突然幅寄せなど…注意しながら左側走行していても、突然の事が多い
僕も何度かビックリするような事が実際ありました。
更に言うと、個人的ですが大型免許(車)を持っているのですが、
トラックなどを運転しているとサイドを走って来る自転車は本当に見え難い(気付き難い)です。

なんだか、携帯電話が普及し始めた頃は電話しながら運転が問題になり、自転車がブームでピスト(ノーブレーキ)などで問題になり
最近では、普及し始めたスマートフォンをしながらの歩行も問題になっているらしいですが、
ブームや普及と共に出て来る問題って、結局のところ
歩行者も自転車も車も個人のマナーが大事で禁止や厳格運用だけじゃ無い気がするのですが…(個人的)
ニュースでは海外のように自転車専用レーンを3年以内に整備、新設するとなっていましたが、
この状況で本当に新設し改善するのか…もしくは日本の交通事情でできるのか…
と色々思う今日この頃ですね。

浅草見聞録 N


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jiggyarea.blog103.fc2.com/tb.php/421-f3381a2c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。