--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばらし

2011年12月01日 01:51

いつも早めのブログを更新しようと思うも
またこんな時間に。
さて、週一回しか作業に取り掛かってない
ニューフレームですが、いよいよホイール組み。
以前のバイクは24インチサイズのバイクだったのですが、
今回はMTBのスタンダードサイズ26インチサイズに変更の為
新たにホイールの組み直しですが、今回はその下準備。
というのも、この作業はスポーク長の計算及び組み上げ
フレ取り(スポークを張って真円を出す作業)と割と先の長い作業
なもので。

という事で、ホイール組み上げるの必要なパーツと言えば
勿論 リム(ホイールの外枠)、ハブ(軸)、スポーク&ニップル。
ただこの3種類しか無いパーツにも細かな注意がいっぱい。
細かい事を書き出すと長いので省略しますが。

という事でハブは(軸)は以前のモノを使用するため、ホイールのバラしから

th_DSC00797.jpg

th_DSC00798.jpg

まずは、タイヤを外して。
因みにこの時使っていたタイヤは当店でも大好評のタイヤメーカー
SCHWALBEのTABLE TOPというタイヤを使っていたのですが、
コレは本当に良い感じでした。
ブロックパターンが低く、かなり詰まったデザインなので、アスファルトに
ガッチリ食い付きもよくなおかつ軽量なのでよく転がります。
後、個人的ですがデザインが好きな感じ。

th_DSC00799.jpg

タイヤが外れたら、次はいよいよスポークを緩めていきます。
ニップル回し(コレは、各メーカー色々なデザインやカタチがあるのですが
今回はパークツールのモノを使用。サイズがあるので注意ですが、パークツールの場合、
一般的には殆ど画像の赤いので大丈夫だと思います)で
本当はフレ取り台があった方が作業的には早くやりやすいのですが、
自宅には無いので…(持ってる方も多くはいないと思いますが)
地味に回していき、全部程々に緩んだら先の細いマイナスドライバーなどで回して…
全部外した状態に。

th_DSC00801.jpg

後は、新しいリムと外したハブからスポーク調を計算して…ですが
このあたりは使うスポーク&ニップルも決まっていないので今日はここまで。

因みにホイール組みに関しては、しっかり組むとなると
かなり高価な専用工具が必要(簡易的で価格の安いモノもありますが)
になるのでなかなか自宅作業は難しいと思いますので、
ホイール組み等はお気軽にお問い合わせください。

浅草見聞録 N


コメント

  1. 池津 大鋤 | URL | 18d5JiUM

    商売繁盛で笹持って来い♪

    まいどっ!
    今日も頑張ってはんねんなあ!偉いわあ!
    コンッ!言うて当てて、キュッ捻って。
    バラバラやん! で、組めんの?
    あんじょう しいや!
    ところで、「Jiggy Areaな人々」、むっちゃええんちゃうの!?
    人柄言うか、店柄言うか、エエ雰囲気出てるわ!
    KONA Matana!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jiggyarea.blog103.fc2.com/tb.php/427-62904158
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。